尾花 瑛仁 / おばな あきひと

略歴
◆1983年 埼玉県上尾市生まれ(36歳)
◆明治大学政治経済学部 卒業
◆ドラマ・映画 演出部助監督(共同テレビほか勤務)
◆ニューシネマワークショップ映画製作部
◆大和商事株式会社 常務取諦役
◆旧みんなの党政治塾 卒業(H25年度優秀賞)

公職ほか
◆上尾市議会 総務常任委員会    委員長
       議会改革特別委員会  副委員
◆自由民主党 上尾支部 青年部長

◆明治大学校友会 埼玉県東部支部 幹事
◆公益社団法人 埼玉中央青年会議所 理事
◆上尾商工会議所青年部 理事
◆上尾・伊奈防火安全協会 理事
◆上尾仲町商店会 理事
◆上尾仲町自主防災会 相談役

家族構成
◆妻・父・母・弟・愛犬

 

—————————————————————–

 

◆1983年10月4日、埼玉県上尾市生まれ

 

◆中学・高校時代
・中高6年間は競技スキー部に所属。
 SIA(公益社団法人 日本プロスキー教師協会)メダル検定 金取得。
・中学校1年生時、弁論大会で初めて大勢の前で話す。優秀賞受賞。
・高校の卒業論文で、さいたま市誕生に至るまでの
 「YOU And I プラン」(与野・大宮・浦和・上尾・伊奈による かつての合併計画)を取り上げる。
 上尾市が、全国初「合併を問う住民投票」を市民発議で実施した経緯を研究し、
 初めて本格的にまちづくりに関心を持つ。

 

◆明治大学政治経済学部へ進学、卒業 
・元東京都副知事 青山やすし教授のもと、ゼミ1期生として都市政策と地方自治を学ぶ。
 墨田区ほか特別区に対し政策提言を行う等、実践的授業で多くの学びを得る。

近年の同窓会にて
同期や後輩の多くが
首都圏の自治体職員として活躍中

 

・課外活動では、スキー指導員として後輩の競技指導に当たる。

 

・自主映画や映像制作に打ち込み、学外にも多くの仲間が出来た。


製作過程で多分野の友人を得た

 

◆演出部 助監督時代
 大学卒業後、映像制作の業界へ。
 演出部助監督として従事し、企画の通し方や、複数社の調整業務、
 俳優部・撮影部・美術部・制作部等との連携による現場重視の考え方、
 限られた時間枠でのスケジューリングを学ぶ。
 数ヶ月単位でプロジェクトが結成・解散するため、
 組織の性質を把握し円滑な進行を図る必要があり、
 現在の活動にも生きる経験となった。

共同テレビジョンにて助監督

 

 

◆地域活動〜政治塾時代
・上尾市で企業活動に従事。
 事業展開と共に、商工会議所や町会若衆会等の地域活動を始めた折、
 2011年3月11日の東日本大震災が発生。
 政府や自治体の初動、報道等から政治の役割の大きさを痛感するとともに、
 友人達との 東松島市 震災復興ボランティア参加をきっかけとして 
 最も身近な自治体づくりに取り組みたいとの考えから、地方議会を目指す事を決意。

・2014年 みんなの党 渡辺喜美代表 主催の政治塾にて、地方分権と行政改革を学ぶ。
 卒業論文では統一地方選へ向けた地域版アジェンダを作成し提出。
 審査のもと、最優秀賞を受賞。


 塾所在地の宇都宮駅頭で初演説


卒業式にて年度最優秀賞を受賞 浅尾慶一郎氏と

 

 

◆2015年12月 上尾市議会議員選挙

・上尾市議会議員選挙にて 2,784票を頂き第4位で初当選。
 翌2016年1月1日より上尾市議会議員としての任期を開始する。

  

  


読売新聞号外(2015年12月7日)より



1期4年の実績と取り組みはコチラ ↓