◆持続可能な社会を目指して 地域を繋ぐ

人口減少と少子高齢の時代に生きる私たち。
税収減と社会保障費増大といった課題は、ここ上尾市も例外ではありません。
右肩上がりの時代の仕組みを 根本から変えていく必要があります。
そしてグローバル化の反動で各国に内向きの力が働く今だからこそ
都市や地域には開かれた存在としての成長が期待されています。

いま必要なのは、地域が自らの強さと弱さを知り
具体的な提案力を身につける事。
まちの多様な人材が繋がれば、必ず道は開けます。
上尾市に変化を起こす事で、
政治に距離を感じていた人達にも力を貸してもらえるように
「我がまちが良くなる事で国も良くなる」意識で取り組んでまいります。

 

◆誰のための改革か 地域政治のチェンジを

平成29年末。上尾市では、
市長・議長の同時逮捕という事件が起きました。
議会の責任は重く、再発防止に取り組んでいますが
政治不信は深刻です。

地方分権の法整備から19年が経過し、各自治体の力には差が出ています。
市民・議会・行政の、垣根を越えた協働が求められる時代。
他者の批判だけでなく、真に地域社会の環境改善に繋がるよう
具体的な提案・成果にこだわって活動を進めてまいります。

この地域に「何が足りないか」は勿論のこと
「新たに何ができるか」を訴えていきたいと思います。